2014年8月5日火曜日

【再復習】NISAに適した資産は?

NISA開始前に少し復習!そのための資料を置き場です。

過去ブログ記事
【復習】 NISAに適した資産は?他
Active Indexさん、主要な資産を5年間持った時の損益の確率
・基本資産の5年後のリターン分布(モンテカルロシミュレーション)
山崎元先生や草食投資隊によるコラム集
イボットソン・アソシエイツ・ジャパンによる過去データ(期待課税メリット)



◆分散投資に過度な期待を持つなという話。
読めばわかりますが、本資料での分散投資はあくまでリスク資産間での分散投資であり、キャッシュによるリスク管理はできる(リターンは下がる)と言っています。このキャッシュは国内債券等の低リスク資産に置き換えることができると考えます。

投資期間に関する限界: 分散投資は様々な市場環境にまたがる長期投資の下で有効性を発揮 => より短期の投資期間においては分散投資の意義は小さくなる。分散投資はその効果が最も必要とされる時に役に立たなくなる、との批判に近年さらされた。しかしながら分散投資の目指すところは損失をコントロールすることではない。分散投資(即ちポートフォリオ構築)のみで非常時のリスクを管理できると考えるのは間違い。

分散投資は、ボラティリティーの低減ではなく、最大のシャープ比を追求することを目的とするべき。分散投資は、個別資産を賢く組み合わせることで、投資家が取るリスク1単位に対して最大の報酬を獲得することを手助けする。しかしながら、分散投資は全資産が大幅なドローダウンを被る局面では役に立たない。下方リスクの管理は動的アプローチ(保険戦略)によって 最も有効に達成される。


◆アクティブ運用に過度な期待を持つなという話
伝統的なアクティブ運用者は平均するとベンチマークを上回っていない。
・運用報酬の影響
・現金比率の影響

◆最後に心を無にして今が割高かどうか考えるとき用の資料

S&P 500 PE Ratio http://t.co/z06AHd3yN0

金融・投資(全般) ブログランキングへ


0 件のコメント:

コメントを投稿

2018年2Q 資産運用報告

2018年2Q 資産運用報告 になります。 いつも通り 運用成績とベンチマークとの比較を報告します。 ◆運用成績 項目 実績 純資産総額 18,796,216 円 投資元本 10,155,957 円 通算損益 8,640,259 円(+85.08%) 基...